Sunny Record

深夜アニメ・ラブライブ!の感想等…

沼津・内浦初遠征‼︎聖地巡礼一人旅〜2日目(淡島編)〜

f:id:SunnyRoad:20170924000756j:image

スキスキ♡ぷわぷわ♡

スキスキ♡ぶわぶわ。

 

 

 

 

はい、えーそんな訳で沼津・内浦聖地巡礼一人旅、2日目でございます。てめーもうすぐ行ってから2週間経つぞ。お忘れの方も多いと思いますが行ったのは9月11・12日です。はよ書けや。はい。まあ自己満足で書いてるんで自分のタイミングで、ね。

 

 

 

 

 

そんな訳で2日目です。言わずもがな1日目の記事(〜聖地巡礼1日目・その3(沼津港・三津周辺編)〜 - Sunny Record)の続きとなります。

1日目の夜、聖地で酒を呑む喜びで舞い上がって酔って寝落ちしてことりちゃんのお誕生日をお祝いし忘れる失態を犯しところで終わっていましたね。ハッと気がつくとホテルのベッドに全裸で横たわったまま午前5時半。

寝落ちしたのは午後11時半頃だったと思うので6時間も寝て酔いも醒めスッキリしてました。

 

ボーッとしながらスクフェスにログインしことりちゃんのお祝いにその日一日限定ナビゲーターにし、2日目の諸々の準備を整えていたら午前7時過ぎくらいになってたのでホテル内の朝食ビュッフェに向かいました。

あいにく写真は撮ってないんですが、気品溢れるスタイリッシュなビュッフェには静かに朝食を取るサラリーマンやご家族の方がいて、中には外国人の方も談笑されていたので、

ほんとこんなキモオタもどきの奴がいていい場所じゃねえなぁと思いつつ、ボーッと窓の外で降りしきる雨空を見つめながら洋皿にすくった味噌汁をすすりパンケーキを貪り食うヘンテコな朝食を楽しみました。

いやほら、こういう時こそ組み合わせとかぶち壊して自由に食べるのが思い出深くなるし。

 

 

さて、の〜んびり朝食を食べ終え歯を磨いたり洗顔したりしてると時刻は午前9時前。2日目は朝一、9時半頃から出るあわしまマリンパーク行きの船に乗りたいと計画していて、逆算して9時頃のバスには乗っときてえ!と見積もっていたのでやべえのんびりしすぎた!と少し慌てる羽目に。

しかも前述したようにこの日は雨が降ったり止んだり不安定な天候だった為、チェックアウトしてコンビニ寄って傘も買おうと思っていた為、余計に慌ただしくなってしまい反省。早々に身支度整えチェックアウトしました。

 

 

 

 

 

 

まあ旅行行く直前まで現地の天気予報見てたから分かってたけどね・・・こればっかりは雨男の自分を恨むしかねえ。

 

 

 

 

聖地巡礼2日目〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、沼津リバーサイドホテルを出て傘を買い、沼津駅まで戻って8番乗り場からあわしまマリンパーク行きのバスで揺られ、淡島までの船乗り場受付所?に着きました!これも写真撮ってないですが。あわしまマリンパーク入園料は1800円です。

 

f:id:SunnyRoad:20170924004612j:imagef:id:SunnyRoad:20170924004628j:image

 

はい受付所でいきなりズドドン。

あわしまマリンパークだけでなく、淡島ホテルスタンプも2つ設置されていました。これはお得。やったね。

熱いかなまり推しでこんな一緒くたでええんかいとも思うのですが、まあ淡島ホテルスタンプをホテル内に置いたら自分のような貧乏オタクから大ブーイングですしね(淡島ホテル周辺は宿泊者以外立ち入り禁止です)。

 

 

スタンプを押し、パタパタ乾かしてるともう既に淡島行きの船が待ってるというので慌てて船乗り場に向かいます。すると・・・

 

 

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924003945j:imagef:id:SunnyRoad:20170924005456j:image

 

「うわぁ・・・(ドン引き)」

 

慌てて乗り込んだのでこの写真は淡島に着いてから撮ったものですが、まあ評判通りのこのド派手なラッピングっぷり。流石に風景の中に浮きすぎていたので引きましたね。いや可愛いけども。

しかも淡島を往復する船は例外を除いてほぼ全てこんなラッピングがなされていて、同じく朝一に乗船した同じ目的の巡礼オタクは垂涎ものであるものの、淡島ホテルへ向かうパリッとした礼服を着た一般の宿泊者もこのラッピングの異様な光景っぷりにキョトンとしていたのが何かもういたたまれませんでしたね。乗船時間は5分くらいでしたけど。

 

 

まあそんな強制羞恥プレイはあったものの、小雨の降る中無事に淡島に着きました。聖地巡礼2日目、いよいよ本格スタートです。

 

 

 

〜淡島〜

 

 

 

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924010434j:imagef:id:SunnyRoad:20170924010813j:image

敷地外から唯一見える淡島ホテルさん。

てくてくAqoursでは3年生組キャストが悠々と敷地内に入ってホテル内外を練り歩いてましたね。そもそも立入禁止を知ってたのでここは聖地巡礼出来ないなぁと諦めていましたが、いつか泊まって敷地内にある噴水の、かなまりが出会って5秒で性交渉したあの場所を生で拝見したいものですね。

 

 

 

さて、まずはあわしまマリンパークの水族館へ向かいます。

f:id:SunnyRoad:20170924011338j:imagef:id:SunnyRoad:20170924011410j:image

道中も色んな強制コラボと海の動物が間近で見られました。ウミガメデカい可愛い。

 

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924011550j:imagef:id:SunnyRoad:20170924011600j:imagef:id:SunnyRoad:20170924011615j:image

道中にある売店の傍にもAqoursがひしめき合っていました。このマルちゃんエッチ過ぎない?ってか果南てめえこそカエル持てよ。ゲコゲコハウスだろ?ちなみに千歌ちゃんの持ってるアニメにも登場したこイセエビぬいぐるみはこないだリリースされたばかりで即完売したそう。まあ確かにあれ買って梨子ちゃんの顔面に石仮面のように張り付いて種付けしたくなる気持ちも分かる気がしないでもない。

 

 

 

さてさて気を取直していよいよマリンパーク水族館内へ。

 

 

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924012430j:imagef:id:SunnyRoad:20170924012516j:image

f:id:SunnyRoad:20170924012539j:image

あわしま水族館館内は何と言うか、1日目に行った沼津港深海水族館と比べて手作り感のある水槽やパネルが数多く並び、その中で深海水族館ではあまり深く紹介されてなかったお魚海の生物を面白おかしく紹介していて、

驚きや迫力、好奇心をくすぐる深海水族館よりかは暖かみ親近感などを感じる展示となっていたのが面白くて満喫してしまいました。

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924013144j:imagef:id:SunnyRoad:20170924013204j:imagef:id:SunnyRoad:20170924013219j:imagef:id:SunnyRoad:20170924013233j:image

ミノカサゴ。これめちゃくちゃカッコ良くないッスか?個人的に好きなんですよ。身体中から突き出たヒレやトゲ一つ一つに猛毒を持つ、全方位敵なしの無敵要塞じゃないですか。体表も結構奇抜な色してるし惚れるわ。

この遠征に行く直前くらいにアニメメイドインアビスで全身鉄をも貫く毒のトゲに覆われたタマウガチという架空の生物が猛威を振るうさまを観てたので、こいつモチーフなのかなーなんて思ったりもしてましたね。

 

 

この日は朝一は小雨の天気もあって同じ目的の巡礼オタクっぽい人ら2人組と数人しか来てなく、毛糸のカービィウォーターランドのでんせつのうみっぽい優しげな深海風BGMをまったり聴きながら、展示のお魚を採集してくるにはこんな苦労が!なんていうパネルをボケーっと眺めつつタッチコーナーのウニをつついたりしてました。スタッフのご苦労お察ししますこれからも頑張ってください。

スタッフといえば、朝一に行ったせいか大水槽を見てると水槽に潜ってガラスの拭き掃除をする光景が見られましたね。手を振ると振り返してくれて嬉しかったです(小並感)。

 

 

 

 

さてさて、水族館を抜けるとすぐそこに果南ちゃんの家のモデルとなったカエル館がある・・・のですが、雨の降ってない時間に淡島神社へ登っておこうと思っていたのでとりあえずは素通りし、カエル館の先の淡島登山口へ。

 

 

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924015945j:imagef:id:SunnyRoad:20170924020052j:image

ありました!ここはバッチリ押さえておきたかった場所ですね。忘れかけていたんですがあくまでこれはアニメ聖地巡礼ですので、アニメとリンクしてるなら頂上の淡島神社までの階段も

 さぞかしキツいんだろうなぁと思い覚悟を決めて登り始めました。

 

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924020436j:imagef:id:SunnyRoad:20170924020500j:imagef:id:SunnyRoad:20170924020529j:image

説明不要の山道ですね。確かに評判通り、アニメで普通に見せられていた階段や石段がリアルではかなり急勾配です。特に階段は一段一段に幅があるので、足並みのペースをきちんと揃えとかないと無駄に体力持ってかれそう。雨で湿ってたのも加味され、これをダッシュするのは色んな意味で危険だなぁと感じました。

 

 

 

 

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924021112j:imagef:id:SunnyRoad:20170924021135j:image

f:id:SunnyRoad:20170924021323j:imagef:id:SunnyRoad:20170924021334j:image

おなじみ、花丸ちゃんがてめー妹の監督不行き届きやぞと言う為だけに姉を連れ回した場所のロックテラスです。登り始めて割とすぐのところにここへの分かれ道があります。 天気が良いとこのファンブックのように景観を望めるんでしょうなぁ残念。

 

 

 

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924021831j:imagef:id:SunnyRoad:20170924021857j:imagef:id:SunnyRoad:20170924021909j:image

 

「んんっ、えっ、もう着いたの?」

これは予想外な事態に拍子抜けです。 山道短え。確かに終盤の山道の石段は雑然と積み上げられててデコボコだったので転ばないように変に体力使いましたが、ついぞこないだまで「淡島神社の山道はマジで死ぬ」だの「汗だくになる」だのと聞いてただけに覚悟決めて臨んだんですよ。

キツくねえじゃん。てっきり長く険しい道がズルズルと小一時間くらい続くのかなぁと思ってたやんけ。

何なら6連勤でお仕事して帰ってきて間髪入れず1時間半の筋トレして家事一気に済ませちゃう日の方がよっぽど疲れる。特に体力に自信がある訳ではないですが、普段から運動不足のインドアオタクの言うことはやはり真に受けない方がいいですね

 

 

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924224845j:imagef:id:SunnyRoad:20170924224906j:image

まあそんな訳で着きました、淡島神社です。

アニメでは少し小ぢんまりとした祠のような感じ?になってるんですねぇ。リアルではきっちりお賽銭箱と鈴が備え付けられ、周りにラブライバー(笑)の方達が画力を総動員して絵を描いたり願い事を書いた絵馬が沢山かけられていました。

この絵馬はマリンパーク内の売店で買えるらしいですね。自分もささやかながらお賽銭をしてその場を後にしました。後から同じ目的のライバー(笑)の方々もひょこひょこ登ってきてましたね。

 

 

 

 

 

 

悪天候が絶妙にポエミーな風を吹かしていたので少しポエムりました。ええ。元々こんな奴です。

 

 

 

 

さて、二重の意味で神聖な空間を堪能したところで下山していたところ、ここにきて本格的に土砂降りの雨が降ってきました。つくづくついてない。何がついてないって、

ただでさえ急勾配の石段が濡れて滑りやすくてすげー危ねえの。

めちゃくちゃ怖かった。下山中に傘をさすなんてのは手を不自由にする危険な禁じ手なので以ての外、ただただびしょ濡れになりながら慎重に慎重に急で整備されてない階段を下るミッションを余儀なくされ、「し、、、死ぬ、、、一回滑るとこれ死ぬ、、、」と半べそで独りごちながら下りていきました。

無傷無事故で済んでほんとに良かったですが、雨男なのをこれ程恨めしく思うことはない刺激的な体験でした。

その時の自分の頭の中のイメージは「GTA5 コロラド山 チーズ転がし祭り」で検索すると分かりやすいですね。

 

 

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924230800j:image

何とか淡島を下山し、この後観る予定のイルカショーの開演時間まで少し時間があったので、淡島をグルリと一周してみようと思いてくてく。写真じゃ分かりづらいですが、依然どしゃ降りです。

傘を差しながら強風に耐えつつ、雨のせいですぐそばの岩壁から高波が溢れてくる恐怖の三重苦と闘いながら身体中びっしょびしょで単身淡島をグルリするのは冒険心をくすぐられました。

 

 

 

そんなプチ冒険の中、見付けました、海軍桟橋です。かなまり勢は要チェックの場所ですね。周辺は柵も何も無いので立入禁止となっています。

そんな危険な場所で逢瀬してたんかい。

見付けづらいらしいですが要するに淡島の裏です。淡島を反時計回りする時に通る、キラキラしたイルミネーションのついたトンネルを抜ければすぐに見えます。突き立った桟橋に雨が叩きつける様は、何となく情緒深いものを感じました。

 

 

 

さて、淡島をグルリ一周、そんな訳でイルカショーの時間になったのでショーステージへ。この日は後にみとシーの方のイルカショーも見ることになるので、一日ショー尽くしの日だったとも言えますね。

 

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924233154j:imagef:id:SunnyRoad:20170924233233j:image

自分は写真を撮る才能が皆無なので魅力を伝えられず歯痒いですが、2匹の演舞は素晴らしかったですね!軽やかに巻い、力強く羽ばたく。あれでまだまだ練習中とは・・・こちらも写真撮りつつ夢中になって拍手を送っていました。

 

 

 

 

さて、イルカショーの後はいよいよ取っておいたカエル館へ。

f:id:SunnyRoad:20170924233638j:imagef:id:SunnyRoad:20170924233610j:image

 

f:id:SunnyRoad:20170924233856j:imagef:id:SunnyRoad:20170924233858j:image

うむ。そのまんま、ですね。晴れてる時はアニメよろしくパラソル立てるんですかね。

勿論、果南ちゃんの家の中身、カエル館の方も立ち寄りました。どうでもいいですけどあの引き戸がまた良い味出してません?

 

 

 

 

f:id:SunnyRoad:20170924234347j:imagef:id:SunnyRoad:20170924234417j:imagef:id:SunnyRoad:20170924234444j:image

カエル館ではその名の通り、世界中から集めた大小様々、彩り豊かなカエルが展示されていました。カエルに最適な自然に近い環境を整えるため、ケージ内には木片葉っぱ・枝苔のついた石がたくさん転がって温度・湿度調整も

怠らない本格的な作り。

それ故、ただでさえ小さくて見付けづらい多くのカエル葉っぱの裏や木片の陰に同じ体色でじっとしていると全く見付けられない弊害はありましたが、そんなこんなでゲコゲコ鳴き声がひしめき合う不思議な空間をじっくり眺めて楽しめました。

 

f:id:SunnyRoad:20170924235451j:imagef:id:SunnyRoad:20170924235459j:image

噂には聞いてましたが、生でヤドクガエルを見られて興奮しましたね。見てくださいよこの体色。体長5cmくらいなのにこのケバケバしいド派手なカラーリング。ワイ猛毒ニキやでとこれでもかってくらい主張してます。かっけえ。

なんでもこのヤドクガエル、生物毒(生物が体内で生成する毒)の中で最も毒性の強い毒を持ってるんですって。小指程の大きさでラスボスを語れる強さ・・・男の子が惹かれる要素だらけじゃないですか。これは実際に足を運んで生で見る価値アリ、ですよ!

 

 

 

 

どうでもいいですけど何でiPhoneで「ヤドクガエル」と打つと予測変換の2番目に「ヤドクガエルの系譜」と出るんですかね。何でAppleはヤドクガエルの系譜に並々ならぬ汎用性があると踏んでるんですかね。まあいいや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あっ・・・濡れてブワブワになってる・・・」

 

 

はい。ここで初めて気がつきました。冒頭のスキスキ♡ブワブワスタンプ帳です。まちあるきスタンプラリーの。

1日目からずっとそうだったんですが、このスタンプ帳、ポケットサイズだったのでずっと短パンや2日目のチノパンに入れてたんですよね。で、この時の土砂降りに遭い全身びしょ濡れになり、ポケットの中のスタンプ帳まで半分くらい雨水が染み込んじゃいました。

当然乾かす道具も無く、かといってまたポケットに入れとくと歩く動きでしわくちゃないし破けてボロボロになりかねないので以降はずっと半濡れのままリュックに入れていちいち取り出してました。今更な気もするけど。

幸いスタンプの滲みは無くてホッとしましたけど、スタンプ帳を見る度苦々しい思い出が蘇りますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で淡島の隅から隅まで周り、土砂降り以外は大満足したので淡島を後にしました。

今度訪れる時は、てくてくAqoursでも訪れていたレストラン・離宮さんのAqoursも食べてみたいですね。あわよくば淡島ホテルも・・・ね。

 

 

 

 

 

 

それでは、まだまだ長くなりますので2日目・その2(みとシー・内浦編)に続きます‼︎

多分次で完結するはず・・・長くなりそうだけど、良かったら読んでくださいませね♡

 

 

 

 

↓続きやぞ↓

http://sunnyroad.hatenablog.com/entry/2017/09/26/204301